前へ
次へ

アトピー性皮膚炎もアレルギーの一種

アトピー性皮膚炎は、アレルギー疾患のひとつで皮膚の炎症を引き起こしやすい人をさす言葉とされています。
人によってはアレルギー性の喘息や結膜炎などを引き起こしている場合もあるとされており、必ずしも全ての人の症状が一緒とは限りません。
症状の中には何がアレルゲンなのかわからないという人もいるため、注意が必要です。
主に小児性の病気として認識されていますが、大人になっても症状が改善しないという人もいるため、日々医師との相談によって体調を管理しなければならないといわれています。
特に子供のうちは症状が重く、9割の人が5歳までに発症しているため、注意が必要です。
また、発症している内容によって入院などが必要となる場合もあるため、食生活などに注意が必要といわれています。
なお、家族にアトピーなどにかかった経験のある人がいる場合、発症しやすいといわれているため、注意してください。
子供に何か違和感を覚えたら、すぐに病院に連れて行くことが必要です。

Page Top