前へ
次へ

食物アレルギーと花粉症の関連性

食物アレルギーが、実は花粉症や別のアレルギーの可能性を示唆していると知っていましたか。
花粉症の人の中には果物や野菜を食べることが難しいという人もいるため、自分がどんな花粉症なのか調べ、対象となる食物をなるべく食べないようにすることも必要です。
症状としては喉の奥や唇、下などに痒みや痛みを感じることや、吐き気や下痢が多いといわれています。
しかし、それ以外にもアナフィラキシーショックを引き起こしかねないため注意してください。
多くの人の場合、すぎ花粉症であることは知られていますが、トマトを食べると症状が悪化する場合もあるため注意が必要です。
特に杉だけではなくヒノキやカモガヤといった花粉症を患っている人も注意してください。
それ以外で症状を発症しやすいのはリンゴで、ヨモギやシラカバの花粉症の人は食べることを避けましょう。
どうしても食べたい場合には、加熱して食べると問題ないといわれています。
なお、シラカバの場合はバラ科に属する全ての食物とクルミ、キウイ、ニンジン、セロリです。

Page Top