前へ
次へ

食物アレルギーとはどんな物なのか

生活面で最も大きな影響があるといわれているのが、食物アレルギーです。
特定の食物が含む成分を異物と判断して攻撃してしまうため、症状が発生するといいます。
体調や体質によってそれぞれ発生する条件が異なるため、どんな物が発生源となるのか、食物アレルギーを患っている人の場合は注意が必要です。
住んでいる地域によって多少発生する成分は異なっており、アジアではかにが多いといわれており、欧米ではピーナッツが多いといわれています。
それ以外では乳製品や卵、ナッツ、小麦といった食物で発症する人も少なくありません。
まれにそばや米や魚介類、スイカやメロン、ももやリンゴといった食物から発症する人もいます。
主な症状としては皮膚や粘膜に発症することが多いですが、重篤な場合は蕁麻疹やアナフィラキシーショックを引き起こしかねません。
そのため、一度病院で検査を受けて、どんな食物に気をつけたらいいのか確認しましょう。
検査を受けることによって思いもよらない原因が判明する可能性もあります。

Page Top